男性型脱毛症(AGA)の治療


男性型脱毛症は、遺伝や男性ホルモンの影響などが原因と考えられています。

男性型脱毛症では、脱毛部分の頭皮に多量のジヒドロテストステロン(DHT)が確認されています。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンが5α-還元酵素によって代謝されて生成されます。

男性型脱毛症治療薬は、5α-還元酵素の作用を阻害し、ジヒドロテストステロンを減少させます。

この結果、発毛の成長期が長くなり、細くて短い毛髪から長くて太い硬毛に変化します。

※AGA:Androgenetic Alopecia



 

  プロペシア(1mg) フィナステリド(1mg)・後発品

ザガーロ(0.5mg)

価格 10000円(28日分)  7000円(28日分)  11000円(30日分)
有効成分 フィナステリド フィナステリド デュタステリド
特徴 5α-還元酵素Ⅱ型阻害剤 5α-還元酵素Ⅱ型阻害剤 5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害剤
効果 AGAの進行遅延効果・発毛 プロペシアの1.5倍の効果
献血 服薬中止後1か月経過しないとできない。 服薬中止後6か月経過しないとできない
併用中止薬 なし リトナビル(HIV治療薬)
禁忌

本剤に過敏症のある患者、女性、小児

副作用

勃起機能不全・リビドー減退(性欲減退)・射精障害・肝機能障害・全身倦怠感

副作用の頻度:プロペシア<ザガーロ

注意事項

前立腺癌の腫瘍マーカー(PSA)の数値を低下させるため、健康診断等でPSAを測定する場合、服薬していることを伝える必要がある。